最先端にきび治療

最先端のにきび治療について

皮膚科などの病院では、にきびやにきびの痕跡を治療するためにレーザー治療を取り扱っています。

 

かつては、肌質によってはレーザーは火傷状の赤みができるなどの欠点がありましたが、近年では人体への安全性も増してきています。

 

にきびやにきび跡のある場所に特殊なレーザー光を照射することによって、にきびの症状を改善するというやり方です。

 

にきびの原因として、アクネ菌というものがあります。

 

レーザーをあてることによりアクネ菌を殺菌することができるのです。

 

にきびの跡で比較的軽い症状でしたら、炭酸ガスレーザーで皮膚を平らにすることができます。

 

その治療後、レーザーを照射した部分がはれることもありますが、数日で元通りの状態に戻ってくれます。

 

最近ではにきび治療に、フォトセラピーを導入しているところもあります。

 

これはフラッシュランプを用いたにきび治療方法になります。

 

美容エステなどでも使用が認められているような、レーザーよりも弱い光を使ってフォトセラピーではにきび対策を行っています。

 

フォトセラピーでは、3週間に1度レーザー照射を5回続けます。

 

にきびを光でケアを方法には、フォトダイナミック療法という治療もあります。

 

この治療は光をにきびのもとになる部位に照射する前に、光の作用がよく届く薬を塗ってから行います。

 

このフォトダイナミックによるケアは、アクネ菌を殺す効果も兼ね備えていますので、それ以後のにきびの予防が可能になってきます。

 

にきび治療を行う場合は、今自分に用いられている治療方法の何を行うのか、どれが最も自分の肌にいいのかといった点に関してよく考える必要があります。