にきび跡のクレーターって?

にきび跡のクレーターってなに?

にきび跡クレーターについて知っていますか?

 

お肌の傷跡や色素沈着や肌の凸凹がずっとにきびができた跡に残ってしまうことがあります。

 

赤くシミになってしまったり、お月さんのようなクレーターの穴のようになったりとその症状はいろいろとあります。

 

多くの女性がこのにきび跡のクレーターを気にしています。

 

時間がたてば治るとまだ良いのですが、一生そのままということも、その症状によってはあります。

 

にきびの影響が肌のどのくらいの深さまで及んでいたかによって、にきび跡のクレーターがどの程度になるか関係がでてきます。

 

肌の再生は、にきび跡によるダメージが角質層より深く真皮層にまで届いてしまうことで追いつかなくなってしまうことによって、クレーターとなって肌に残ってしまうのです。

 

深くまでにきび跡のダメージが及ぶ原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

にきびを強引に潰してしまったり、にきびのケアを怠ったり、にきびの悪化をストレスや不摂生で進めてしまった場合にこのことが起こります。

 

最もよくないのはにきびを潰すことで、1度潰れたにきびが再び化膿してしまいます。

 

にきび跡クレーターになりやすくなるのは、にきびを潰すということを繰り返すことでおこります。

 

肌の奥深くまでが傷ついてしまいます。

 

荒っぽい手段はにきびができたら取ってはいけませんし、そのまま放置するのも良くありません。

 

大事なことは適切な肌ケアをすることです。

 

にきびができにくい肌を維持していくことで、にきび跡クレーターを防ぐことができますので、普段からきちんとスキンケアをするようにしましょう。